西日によってもたらされる問題はガラス交換で解消できる!

西日で発生する問題をガラス交換で解決

西日による影響は、室内の様々な部分に影響をもたらします。ただ、ガラス交換をすることでそれを根本的に解消することができるのです。西日が与える影響とそれを解消できるガラス交換について説明していきます。

室内の気温上昇を防ぐ
長時間室内に西日がささった状態になると、室内の気温がどんどん上がっていきます。疲労感を溜める原因にもなり得ますし、赤ちゃんや一部のペットのように自分で屋外へ移動できない場合は、命に関わる恐れもあります。しかしガラス交換をすれば室内の温度上昇を防ぐことができるので、そのような危険を回避できるのです。
エアコン使用料金の節約
夏季のような陽射しが強くなる時期は、ついついエアコンをフル稼働させがちになります。そうなると当然電気代が高くなります。立地環境的に西日の影響を受けやすい部屋は、必然的に稼働率も高くなるでしょう。逆に言えば、ガラス交換をして屋内の温度の上昇を抑えれば、エアコンの使い方も大きく変わり、電気代の節約を望めるということになります。
家具や畳の劣化を防ぐ
毎日強い陽射しが屋内に入ってくると、家具や畳が色あせてしまいます。色あせが見られるだけならまだしも、家具によっては変形したりヒビ割れが見られたりすることもあります。ガラス交換をして日射熱を防げば、そのような悪影響を受けることもありません。
風水的にも良い部屋になる
これは上に挙げたものと大きく趣旨が異なりますが、ガラス交換をすることで得られるメリットの1つとして紹介しておきたいと思います。昔から、西日が入る部屋は風水的にあまり良くない部屋、と言われています。朝日がプラスエネルギーを持っているのに対し、夕方の西日はマイナスエネルギーを持つものだとされているからです。風水をはじめとした占いの類を信じでいる人は、ガラス交換をして西日が入らない部屋づくりをしてみても良いかもしれません。

樹脂サッシにすると遮熱効果はさらに高くなる

遮熱効果が得られるのは、遮熱ガラスだけではありません。実はサッシにも遮熱性の高いものがあるのです。一般的に日本ではアルミ製のサッシ、アルミサッシが使われているところが多いですが、樹脂サッシという樹脂製のサッシにすることで遮熱性を大きく高めることができます。樹脂の熱伝導率はアルミの約1000分の1と非常に低く、極めて高い断熱効果を持っているのです。遮熱効果を高められるだけ高めたいという人は、ガラス交換の際に樹脂サッシへの交換を検討してみるのも良いかもしれません。

TOPボタン